カグヤ様に勝たせたい積みリレー【第47回委員会オフ使用構築】

委員会オフで使用し、予選5-3突破(からの1落)した構築を紹介。

"かぐや様は告らせたい”にハマっていたのでカグヤが活躍する並びを意識して組んだ。

f:id:bonsai2508240029:20190429134424p:plain

f:id:bonsai2508240029:20161223140131g:plain

テッカグヤ
控えめ 173(4)-×-123-174(252)-121-113(252) 
ラスターカノン/エアスラッシュ/かえんほうしゃ/ボディパージ @ハガネZ
→以前の受け偽装構築の使い回し。ステロを撒いて一旦積んでしまえば、相性不利なリザコケコも捲れるスペックを持つ。基本的にステロをまいてこいつを通すことを優先し、残り1体は補完のある積みエースというようなリレー選出を心がけた。

 

 

f:id:bonsai2508240029:20141012210115g:plain

バンギラス
陽気 201(204)-161(52)-130-×-120-124(252) (すなおこし)
メガ後201(204)-191(52)-170-×-140-135(252)
いわなだれ/じしん/みがわり/りゅうのまい @バンギナイト
→これも前回の使い回し。カグヤが止められるポリ2毒ガルドクレセブラッキー辺りを起点に出来る。身代わりでいかにZを無駄打ちさせられるかがこいつの強さに関わってくる。

 

f:id:bonsai2508240029:20190429131247g:plain

ガブリアス
陽気 189(44)-150-115-×-132(212)-169(252) (サメはだ)
じしん/がんせきふうじ/ほえる/ステルスロック @ヤチェのみ
→控えめテテフのムンフォ14/16耐え(最速最硬D)、先発のステロ撒き要員。前回使用していた襷グライと違い、ガルミミゲコや最速スカーフテテフに対して岩封+ステロの仕事をきっちりこなせる強みがある。またサメ肌削りのおかげでミミガルグロスへ乱数が変わってくるメリットもあり、Zを温存しやすくもなった。ジャラグロス対面は地震で削らないとカグヤで起点に出来ないので注意。

 

f:id:bonsai2508240029:20190429131417g:plain

霊獣ボルトロス

臆病 155(4)-×-90-197(252)-100-168(252)  (ちくでん)
10まんボルト/めざめるパワー氷/くさむすび/わるだくみ @ラムのみ
→欠伸メタ積みエース。ガブはグライオンのように挑発でカバを止められないため、欠伸サイクル中にこいつを繰り出して崩すことで対処した。裏のマンダに対応するため、もう少しBに振ってステロ+砂×2+捨身耐えした方が良かったかもしれない。

 

f:id:bonsai2508240029:20190429131343g:plain

リザードン

いじ 153-149(252)-99(4)-×-105-152(252) (もうか)
メガ後153-200(252)-132(4)-×-105-152(252)

フレアドライブ/げきりん/じしん/りゅうのまい @リザードンナイトX
→補完積みエース。カグヤバンギの並びで崩せないドランロトム入りに選出する。特にドランはどう足掻いてもカグヤじゃ突破できないので、誘って倒せるリザの地震は重宝した。

 

f:id:bonsai2508240029:20190429131628g:plain

モロバレル

呑気 221(252)-×-134(252)-105-101(4)-31  (再生力)
きのこのほうし/クリアスモッグ/イカサマ/めざめるパワー炎 @くろいヘドロ
→見せキノコ。上の5匹でほぼ完成していたので、選出されると厄介なガッサガルドを抑制しつつ、カモなリザマンダテテフ誘導を期待して採用した。


〜主な選出パターン〜

ガブ+カグヤ+メガ枠

※カバ(欠伸持ち)がいた場合裏2匹の刺さっていない方をボルトと交換

 

重い相手

バシャーモ→バンギで守るに身代わり合わせる、ガブ温存、守る択に勝つしかない

・スカーフゲココケコ→積んでも上を取られて死亡

・珠ゲッコウガ、けたぐりゲッコウガ→お祈り

 

 

平成最後の委員会オフお疲れ様でしたー。

純正トリルネクロオーガ【PJCS予選 最高1733 最終1700】

PJCS予選のウルトラルールで使用した構築を紹介。最高1733、最終1700(19-6)。

f:id:bonsai2508240029:20190422225444p:plain

 

思考停止で回したかったので今回もゴリゴリのトリパを組んでみた。

f:id:bonsai2508240029:20190422223056g:plain

ネクロズマ(月食)

れいせい 203(244)-×-130(4)-229(252)-147-73
シャドーレイ/サイコショック/だいちのちから/トリックルーム@きあいのたすき
→トリル要員その1。挑発されにくく猫だましの効かない高火力トリル要員として採用。4倍弱点で出落ちしないために仕方なく襷(欲をいえば弱保がよかった)。

 

f:id:bonsai2508240029:20190225124606g:plain

カイオーガ

れいせい 207(252)-×-111(4)-222(252)-160-93
しおふき/ねっとう/かみなり/まもる @くろいてっきゅう
脳筋トリルアタッカーその1。ムーンルールの流用。ジジーロンのノーてんきと併せることでオーガレックのような動きができ、ゲンシグラードン相手にも選出可能。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203111232g:plain

カプ・テテフ

れいせい 177(252)-×-96(4)-200(252)-135-90 @こだわりメガネ
サイコショック/ムーンフォース/マジカルシャイン/シャドーボール @拘り眼鏡
脳筋トリルアタッカーその2。ムーンルールの流用。禁伝並の火力が癖になる。

 

f:id:bonsai2508240029:20190422223905g:plain

ルカリオ

ようき 177(252)-131(4)-90-×-90-156 @きあいのたすき (せいしんりょく)

いのちがけ/このゆびとまれ/インファイト/しんそく

→トリルサポート要員。某実況者の影響でスカーフ命懸けを一点読みされにくくなり、また先発ZカプやCSメガマンダが増えて命懸けが通りやすかった印象。1ターン目に1:1交換(3:3トリルスタート)できた試合はほぼ勝ててた。

 

f:id:bonsai2508240029:20190422223023g:plain

ジジーロン

れいせい 179(204)-×-112(52)-205(252)-111-36 @いのちのたま (ノーてんき)

ハイパーボイス/りゅうのはどう/かえんほうしゃ/まもる

→トリルアタッカーその3。特性が意外と認知されていないのか、グラードンカイオーガ止めようとする民が多くて楽に勝てる試合が多かった。実質レックウザ

 

f:id:bonsai2508240029:20190422224109g:plain

ガオガエン

ゆうかん 201(244)-183(252)-110-×-112(12)-58 @ガオガエンZ  (いかく)

DDラリアット/フレアドライブ/とんぼがえり/ねこだまし

→ギミック対策枠。正直思いつかなかったので普通っぽく見えるKP1位採用。

 

選出

先発(ルカリオ+ネクロズマ)、後発(カイオーガ+カプテテフorジジーロン)

 

初手命懸けトリルから制圧するだけの超単純作業。

命懸けで1体落とせると、駒の数が減ってトリルターン切れを抑制しつつ、高火力を並べることが出来るため非常に強力だった。

 

1733までは4敗でいけたが、そこから連敗してモチベと睡魔に負けて終了。ジジーロンの育成モチベ上がったのが最終日で、育成終わったのが0時過ぎだったため最後まで対戦を消化しきれなかった。スロースターター癖は今年も健在だった。

 

 

 

純正トリルナオーガ【INC Feb最高1766、最終1731】

INCムーンルールで使用した構築を紹介。最高1766、最終1731(31-14)。

f:id:bonsai2508240029:20190225140726p:plain



~~~コンセプト~~~

今回ルナアーラ多いらしいやん...出落ちさせてドヤりたいな

道連れならファントム云々無視して即退場させられるやん!

道連れ覚えてルナアーラより(意外と)早くてヒョロそうな奴...

パンプジン「やぁ✋」

これは・・・・トリパかな

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113807g:plain

ルナアーラ

れいせい 231(148)-133-123(108)-207(252)-127-91
シャドーレイ/サイコショック/フリーフォール/トリックルームルナアーラZ
→補正ありA252プレートイベルの叩き落とす耐え。トリル要員その1。自身もトリル出来るが、読まれ難いフリフォでバレルやガエンを持ち上げてトリルサポートもできる(遅い相手を持ち上げながらトリルすると相手は2ターン動けない)。パンプジンと並べると両方猫無効で安定してトリル出来るのだが、Sが中途半端な上に決定力が低いため後半はほとんど選出していなかった。

 

f:id:bonsai2508240029:20190225124606g:plain

カイオーガ
れいせい 207(252)-×-111(4)-222(252)-160-93
しおふき/ねっとう/かみなり/まもる @くろいてっきゅう
脳筋トリルアタッカーその1。鉄球はトリル下ガエンに先制潮吹き出来るのが強力だった。トリル切れる前に決着つけるようなPTなので、守るの枠は根源の波動か冷凍ビームでも良かった。最遅を妥協したせいでトリル下ラランテスに抜かれたときは泣いた。

f:id:bonsai2508240029:20181203111232g:plain

カプ・テテフ
れいせい 177(252)-×-96(4)-200(252)-135-90 @こだわりメガネ
サイコショック/ムーンフォース/マジカルシャイン/シャドーボール @拘り眼鏡
脳筋トリルアタッカーその2。水技が通らない相手は大体対応できることから、オーガと横の相性が優れている。トリルターンを無駄にしないためこのPTは極力交換しないのだが、猫で時間稼いだり不意打ちで潮吹き噴火の火力を削いでくることが読めたら、こいつを後投げして無効化することもある。シャドボの枠はH振りグラードンを確1にできるサイキネと選択。

f:id:bonsai2508240029:20181203113751g:plain

パンプジン(小)
ようき 131(4)-137(252)-142-×-95-166(252) 特性:おみとおし
だいばくはつ/みちづれ/サイドチェンジ/トリックルーム @ゴーストZ
→トリル要員その3、このPTの主役。Z道連れによる擬似この指でトリルをサポートしつつ、あわよくば1:1交換する動きが非常に強力だった。特に対ルナアーラではほぼ100%倒してくれたため、2ターン目3:3トリル状態スタートの盤面を頻繁に作れていた。また速い相手にはサイドチェンジで対処し、生き残ったら爆発してエースの枠を開ける動きを徹底した。特性おみとおしで1ターン目からゲームプランを立てやすいのも強かった。

f:id:bonsai2508240029:20181203113714g:plain

コータス
れいせい 177(252)-×-160-150(252)-91(4)-22 特性:ひでり
ふんか/オーバーヒート/だいちのちから/まもる @もくたん
→トリルエースその3。カイオーガが選出し難いグラードンやドグロック入り選出していた。トリル下でバレルに先制出来、オーガメタの草勢を纏めて焼却するのは愉快だった。まもるの枠は身代わりと選択。

f:id:bonsai2508240029:20190225125003g:plain

ツンデツンデ
さみしがり 168(252)-201(252)-200-×-122(4)-18
ジャイロボール/いわなだれ/ばかぢから/トリックルーム @きあいのたすき
→トリル要員その3。ここまで重めなゼルネアスに強く、トリル下で腐らないエースとしても採用。馬鹿力は重めなディアナット(ついでにガエン)を削るために採用。本当は格闘Zとか採用したかったけど、出落ちしたく無かったので仕方なく襷に落ち着いた。ルナアーラが空気気味だったのでこの枠はソルガレオでも良かったかも。

 

選出

先発(パンプジン+ツンデorルナ)+後発(テテフ+オーガorコータス)



反省点
ディアルガナットレイの処理ルートが少ない
・ガエンをくるくる回されてトリルターンを稼ぐガチ勢に勝てなかった
パンプジン(小)がイベルタルとの同速勝負に勝てなかった

・シングルパのオニゴーリにレイ〇プされて冷静でなくなった

・練習不足からくる圧倒的プレミの多さ!!

 

メンツは前回のサンルールとほぼ同じだが、ほとんど個体が違うので準備に時間が掛かりほぼ回さずに挑んだのがまずかった。一週間でどうこうしようと思っちゃいけない(戒め)。

 

ウルトラルールではいい加減しっかり準備しようと思う。

偽装バナカグヤ受けサイクル【シーズン13 最高最終2010】

久々にレート2000達成できた構築を簡単に紹介。

f:id:bonsai2508240029:20190109192845p:plain

やりたいことは大体前回と同じ偽装(願望)構築。
bonsai2508240029.hatenablog.com

 





グライオン
陽気 151(4)-147(252)-145-×-95-161(252) 
地震/岩封/挑発/ステロ @襷
→前回と同じ型のグライ。相変わらず型を読み違えてくれて楽しい反面、再戦は泣けるほど弱い。


バンギラス
陽気 201(204)-161(52)-130-×-120-124(252)
メガ後201(204)-191(52)-170-×-140-135(252)
雪崩/地震/身代わり/竜舞 @バンギナイト
→これも使い回し。ガッサや高速格闘が居ないPTには大体選出した。


テッカグヤ
控えめ 173(4)-×-123-174(252)-121-113(252) 
ラスカ/エアスラ/火炎放射/ボディパ @鋼Z
→これも使い回し。受け寄りの構築以外は基本的にこいつを通すよう立ち回った。

 

f:id:bonsai2508240029:20190108220746j:plain

フシギバナ
ヘド爆/めざ炎/光合成/宿木 @バナイト
図太い 187(252)-×-148(252)-120-121(4)-100 
メガシンカ後→187(252)-×-192(252)-142-141(4)-100
→基本選出で重めなガッサツルギメタ。宿木で積みエースの補助もできる。カグヤバンギが起点にしやすいテテフマンダを呼びやすいのもGOOD。もっとD寄りにした方が使いやすい。


スイクン
熱湯/吠える/眠る/寝言 @ゴツメ
図太い 187(252)-×-148(252)-120-121(4)-100 
→削りクッション。焼いてエースの補助をする。ガルゲコミミッキュみたいなゴリゴリの対面構築やバトン等ギミック構築に選出した。

 

f:id:bonsai2508240029:20190108223827g:plain

フリージオ
フリドラ/零度/黒い霧/自己再生 @氷Z
臆病 173(140)-×-71(4)-120(36)-165(76)-172(252) 
→鬼除け印の桃太郎。


〜主な選出パターン〜
vsマンダ軸、クチート軸、リザ軸
グライオン + バンギラス + テッカグヤ(基本選出)
vsバシャ軸、ミミロップ軸、グロス軸、ルカリオ軸、ガルーラ軸
グライオン+ テッカグヤ +スイクンorバナ
vs受け回し
グライオン + スイクン + バンギ


こういうPTはメインROMで使いにくいのが一番の難点。

ノーガード一撃必殺ver.INC Nov.

INCサンルールで遊んでいた構築を軽く紹介。

f:id:bonsai2508240029:20181205160041p:plain

ポケ名 技1 技2 技3 技4 道具 特性
グラードン 地割れ エッジ ロックカット 守る イアの実 日照り
カイオーガ 絶対零度 守る 眠る 寝言 食べ残し 雨降らし
ニャオニクス スキルスワップ 猫騙 サイドチェンジ 守る 気合いの襷 悪戯心
ドーブル 猫騙 変身 挑発 茸の胞子 拘りスカーフ マイペース
カイリキー インファイト 怖い顔 アンコール 光の壁 ゴツゴツメット ノーガード
ニダンギル ジャイロボール 影打ち ワイドガード リフレクター 進化の輝石 ノーガード

 

 
~~~コンセプト~~~
零度を当てて気持ち良くなれる。基本的なギミックは過去記事と同じ。

bonsai2508240029.hatenablog.com

 

f:id:bonsai2508240029:20181205161454g:plain

グラードン
慎重 199(188)-170-160-×-156(252)-119(68)
地割れ/エッジ/ロックカット/守る @イア
GTSで拾ったこの構築のエース。S+1で最速ツルギ抜き。浮いてる相手には必中エッジで対抗する。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113720g:plain

カイオーガ
穏やか 207(252)-×-111(4)-×-184(60)-134(188)
零度/守る/眠る/寝言  @食べ残し
GTSで拾以下略。S+1で最速コケコ抜き。拘ってないオーガの雷は2回耐えられる。

 

f:id:bonsai2508240029:20181205161422g:plain

 

ニャオニクス

臆病  181(252)-×-97(4)-×-101-171(252)

猫騙し/スキスワ/サイチェン/守る @襷

→ノーガード中継役。サイチェンの使い所が肝。

 

f:id:bonsai2508240029:20181205161939g:plain

 ドーブル
臆病 162(252)-×-56(4)-×-65-139(252) 
猫騙し/変身/挑発/胞子 @スカーフ
→スキスワ渡し補助兼一撃技アタッカー。序盤はヘイト集め、終盤は伝説に変身するのが仕事。

 

f:id:bonsai2508240029:20181205161434g:plain

カイリキー
慎重 177(252)-150-101(4)-×-150(252)-75
インファ/アンコ/怖い顔/光の壁 @ゴツメ
→ノーガード出発役その①。襷を潰すためにゴツメ採用。悪戯心カイリキーは警戒が薄い。

 

f:id:bonsai2508240029:20181205161804g:plain

ニダンギル

生意気  166(252)-136(44)-170-×-105(212)-36

ジャイロ/影打ち/ワイガ/リフレク @輝石

→ノーガード出発役その②。ジオコン後の無振りゼルネアスをジャイロボールで確1。いろんな所から叩かれる。

 

 

 

 〇選出パターン

先発:ドーブルニャオニクス(わんにゃん)

後発: グラードンorカイオーガ(一撃役)+カイリキーorニダンギル(ノーガード役)

 

〇立ち回り

ドーブル引きノーガード役交換、ニャオニクス味方にスキスワ

②ノーガード引き一撃役交換(or倒されたら)、ニャオニクス味方にスキスワ

ニャオニクスが倒れたらドーブル味方に変身

④2体で必中一撃必殺技連打

※実際には相手の妨害があるので、猫サイチェン胞子挑発アンコ怖い顔等を駆使して↑の動きを通せるように立ち回る。

 

ムーンルールも楽しい構築をつくりたい。

時短ルナオーガ【INC Nov最高1772、最終171x】

INCサンルールで使用した構築を紹介。最高1772、最終171x(25-10)。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203103841p:plain

 

ポケ名 技1 技2 技3 技4 道具 特性
ルナアーラ シャドーレイ サイコショック 追い風 トリル 弱点保険 ファントムガード
カイオーガ 潮吹き 熱湯 守る 神秘の雫 雨降らし
カプ・テテフ サイコショック ムーンフォース マジカルシャイン シャドボ 拘り眼鏡 サイコメーカー
パンプジン(特大) 大爆発 影打ち サイドチェンジ トリル 気合の襷 お見通し
コータス 噴火 オーバーヒート 台地の力 守る 木炭 日照り
ヤレユータン 采配 サイコショック サイドチェンジ トリル イアの実 精神力

 

~~~コンセプト~~~

ダブルの立ち回りについては自信がないので、並びでミスリードを誘発し、おいかぜが切れるまでの短期決着を狙って組んでみた。

選出は(先発)ルナパンプ+(後発)テテフオーガ固定で、時間も頭も使わない命中100技(雷以外)で固められた使用者に優しい構築。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113807g:plain

ルナアーラ

臆病 213(4)-×-109-189(252)-127-163(252)
シャドーレイ/ショック/追い風/トリル @弱点保険
→場作り用の伝説。基本的に追い風すれば仕事終了。相手の並びによってはトリルから入ったり、追い風ラストターンにトリル張ったりもする。持ち物は中途半端な火力で残られても邪魔なので、対ガエンやミラーで発動が期待できる弱点保険。追い風ターンに吠えてエースを並べさせてくれる親切なガエンも多くほっこりした。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113720g:plain

カイオーガ

控えめ 207(252)-×-111(4)-198(76)-169(68)-124(108)
潮吹き/熱湯/雷/守る @神秘の雫
→11n、準速70族抜き抜き。臆病潮吹き耐えを確定突破(雫込み)出来る程度の火力を確保し残り耐久。ワイガに無力なので根波ではなく熱湯を採用。極力潮吹きを打って拘りっぽく見せることでヘイトを集め、追い風ターン終了時に守って縛られないような動きを心がけた。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203111232g:plain

カプ・テテフ

控えめ 177(252)-×-98(20)-189(172)-136(4)-123(60)
ショック/ムンフォ/マジシャ/シャドボ @拘り眼鏡
→準速70族抜き。カイオーガと並べて目前の敵に反撃の隙を与えない破壊神。オーガの水技をタイプや特性で受けきれる相手は大抵眼鏡ショックで確1(等倍でも無振りオーガくらいまでなら確1)。また、特性でイベルの不意打ちや猫だまし時間稼ぎを許さない点も構築のコンセプトにマッチしている。S関係はテテフ>オーガのほうが良かったかも。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113751g:plain

パンプジン(特大)

いじぱ 161(4)-167(252)-142-×-95-106(252)
爆発/影打ち/サイチェン/トリル @襷
→時短のための爆弾。基本的に初ターン爆ぜてエースに席を譲るのが仕事。爆発してもフェローチェくらいしか落とせないが、チョッキツルギ等の諸々耐え調整等を崩してくれた。また、お見通しのおかげで0ターン目からゲームプランを立てられるのが強かった(襷、拘り、チョッキの把握は短期決戦向けPTにとって非常に重要)。ルナアーラ集中で追い風無理そうならサイチェンしてサポートすることもある。襷だから何も考えずASにしたけど、良く考えたらガエン対面でS高いのがバレてた。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113714g:plain

コータス

冷静 177(252)-×-160-150(252)-91(4)-22
噴火/オバヒ/台地/守る @木炭

→置物のカメ。グラードン入りは選出画面でこいつに悩まされていたと思いたい。

 

f:id:bonsai2508240029:20181203113951g:plain

ヤレユータン

臆病 191(244)-×-100-110-132(12)-123(252)
采配/ショック/サイチェン/トリル @イア

→置物のサル。パンプジンのついでに中速用で作ったが勿論1度も選出していない。

 

これまで主力を中速に固めたS操作系PTは相手の立ち回り依存で安定しない印象があった。しかし見た目をトリパにし、先発もトリルする気満々の並びにすることで、1ターン目に追い風(トリル)させないことに成功した。このミスリードで、こちらだけ一方的に追い風下で主力を動かすことが出来、結果的にeasy winを量産できた。また守るなしの型が環境に多かった(拘り伝説ガエンチョッキ雨メタ等)のも追い風だったと思う。

 

終わった後の反省点

・後出し追い風可能な襷トルネが予想以上に多かった

・トリル対策をトリル返しでしてくる同系統のPTがいた

・1700↑帯は立ち回りで勝てず時間稼ぎされた

・シングル勢の唐突な初手トリルポリ2が無理

 

いつものごとく準備期間が1週間と短くて充分に詰め切れなかったので、ムーンルールはもう少し早く着手しようと思う(n回目)。

 

カグヤ入り偽装受けループ【第2回ガチンコバトルオフベスト4】

先日参加したガチンコバトルオフ(総勢150名)でベスト4だった構築を紹介。

ポケ名 技1 技2 技3 技4 道具 特性
ラッキー 地球投げ 凍える風 電磁波 ステルスロック 進化の輝石 自然回復
グライオン 地震 岩石封じ 挑発 ステルスロック 気合いの襷 怪力鋏
ドヒドイデ 熱湯 毒々 黒い霧 自己再生 ゴツゴツメット 再生力
テッカグヤ ラスターカノン エアスラッシュ 火炎放射 ボディパージ ハガネZ ビーストブースト
バンギラス 岩雪崩 地震 身代わり 竜の舞 バンギラスナイト 砂起こし
ゲンガー シャドーボール ヘドロ爆弾 マジカルシャイン 催眠術 ゲンガナイト 呪われボディ→影踏み


ラッキー
図太い 338(100)-×-62(252)-×-125-90(156)
地球投げ/卵産み/電磁波/ステロ @輝石
→S-2(麻痺)110族抜き。圧倒的見せポケ。ゴーリ対策にハピナス@残飯スキスワ身代わり型で運用していたこともあったが、一発で零度当て続けられたので解雇して並びの見栄えを優先した。一応グライオンが不利対面になりそうなグロスマンムパルシェンメタの型だが起点にされそうなので極力選出していない。(選出するならドヒドイデとセットが好ましい)


グライオン
陽気 151(4)-147(252)-145-×-95-161(252) 
地震/岩封/挑発/ステロ @襷
→普通の起点作りグライ。昔書いた記事でも語っているが、型の勘違いによる初手アド取り(霊獣ボルトの悪巧み、ミミッキュの呪い、リザのニトチャなど)はこいつにしかない大きな強みだと思う。1度しか行動を許されない相手にはステロを撒くorSを落とすor削る の判断がかなり重要。Sは確実にジャラランガの上を取るために最速。


ドヒドイデ
図太い 157(252)-×-224(252)-73-163(4)-35
熱湯/毒/黒い霧/自己再生 @ゴツメ
→見せポケその2。バンギを選出しにくいグロスルカガルロップフェロwithミミッキュに対してクッションとして選出することがある。サイクルの中で削りを入れ、ゲンガーorカグヤの全抜きをサポートするような立ち回りを心掛ける。この枠はバンギで起点に出来る毒ガルドを強烈に呼び、一部を除くグロスに後投げ出来るヤドランでも良さげ。


テッカグヤ
控えめ 173(4)-×-124(4)-174(252)-122(4)-112(244) 
ラスカ/エアスラ/火炎放射/ボディパ @鋼Z
→S+2で最速フェローチェ抜き。積みエース1。メガ枠で削った相手を餌にビーストブーストを発動して2,3タテすることが多い。持ち物は瞬間最大火力が出せ、ブーストしていなくてもフェアリー勢(特にミミッキュ)を確定で落とせる、守るゴーリを抜群貫通できる等の理由で鋼Zを採用。ボディパを積んでブーストすれば、ゲコリザコケコ等死に出し前提の待機勢もステロ込で一撃なので抜き性能は素晴らしい。一般的?な受けル偽装では剣舞飛行Zエアームドがこの枠に入ってくるが、鋼が辛かったり威嚇や鬼火を絡められて受けきられたりしたので、多少純正受けルから見た目が外れてでも採用する価値はあった。


バンギラス
陽気 201(204)-161(52)-130-×-120-124(252)
メガ後201(204)-191(52)-170-×-140-135(252)
雪崩/地震/身代わり/竜舞 @バンギナイト
もやしきのこさんの記事から調整を拝借。積みエース2。耐久に振ることで2舞しても不一致イカサマを身代わりが耐えたり、マンムー地震礫を耐えたりと起点範囲や対面性能が高くなった印象。また、カグヤと技範囲・受け範囲の相性が非常に優れており、積みリレーを意識した動きをすれば選出誘導と相まって有利に立ち回れることが多かった。(相手は崩すことを重視した選出になるため、高速スカーフや物理受け等のストッパーがほとんど選出されない傾向にある)


ゲンガー
シャドボ/ヘド爆/マジシャ/催眠術 @ゲンガナイト
臆病 135-×-81(4)-182(252)-95-178(252) 
メガシンカ後→135-×-101(4)-222(252)-115-200(252)
→これももやしきのこさんの記事を参照。バンギが簡単に止まってしまうグロス入りに選出することが多い。また、ほぼ確実に選出されるジャラランガ対策も担っている(グライ岩封→メガゲンマジシャ)。催眠術の枠は参照記事を見るまで気合玉だったが、不意打ちガルには結局勝てないのでワンチャン範囲を広めるために変更。

〜主な選出パターン〜
vsマンダ軸、クチート軸、リザ軸
グライオン + バンギラス + テッカグヤ(基本選出)

vsバシャ軸、ミミロップ
グライオン or ラッキー + テッカグヤ + ドヒドイデ

vsグロス軸、ルカリオ軸、ガルーラ軸
グライオン or ラッキー or ドヒドイデ + ゲンガー + テッカグヤ or ドヒドイデ

迷ったら基本選出にしていた。

比較的選出されやすい苦手なポケモン
→ガッサ、フェローチェマンムースイクンミミロップ、スカーフコケコ、高速移動レボルト等


5世代の頃(参考記事)から時々調整していた偽装受けルで勝ててとても満足できる結果となった。ガチ勢の集うオフ会だからこそ、選出誘導が効いて一方的な試合展開が多かった気がする。またこの構築はエース全員が怯み催眠のワンチャン技を持っており、不利対面でも運で押し切れていたのが勝率に繋がっていたと思う(要所でカビゴンを怯ませたり無償でミミッキュの皮を剥いだり等)。


一応QRパーティはコチラ。こういうのは中身見られたらアカンのだが...

今後偽装するならシーズン11のレート1位構築みたいな有名な並びが絶対いい。


最後にガチンコバトルオフスタッフの皆様、ならびに絡んで頂いた方々お疲れ様でした。